<主人>を考えなさい

<象徴>に縛られずに<主人>を考えなさい

<象徴>は「橋渡しの役割」です。

<象徴>を通して、<核>である「神様、聖霊様、御子、主」を考え、対話し、交通しなさいということです。

<象徴>に縛られたら、<核、主人>を見ることができず、<象徴>によって「信仰」が死んでしまいます。

(鄭明析牧師 2015年7月8日 水曜日の御言葉)

2015年7月 MiK

関連記事はこちら

関連記事

TOP