人は自分の頭を満たすために一生生きていく

人は自分の頭を満たすために一生生きていく。
ルールを決めなさい。ルールをどう決めるかにかかっている。

人間は「自分の頭」を満たすために、一生努力して生きていきます。

しかし人間がいくら<自分の頭>を満たし、

<自分の心と考えが願うこと>を満たして生きても、

<人間の脳と考え、心理>は「満足」がありません。

だから人間は「限界」を決め、<限界>までやったら

「満足だ」と決めて生きなければなりません。

つまり自分が「ルール」を決めて生きなければなりません。

そのルールに従って生きて、そこに満足してこそ、喜びが満ち溢れるようになります。

(鄭明析牧師 2018年2月7日 主日の御言葉)

2018年2月 MiK

関連記事はこちら

関連記事

TOP