本物の喜びと栄光

すべきことをしておいて享受してこそ、本物の喜びと栄光だ

大きいことでも、小さいことでも、すべて行なった後はそれによって「喜びと栄光」を享受するようになります。

今、「復活の喜びと栄光を得るべき時」です。

みんな<この時>を逃さず、<死亡の主管圏から復活した体>になって、感謝と喜びで「時代のすべきこと」を行ない、

そうすることで主と共に<復活の喜びと栄光>を享受することを願います。

(鄭明析牧師 2018年2月25日 主日の御言葉)

2018年3月 MiK

関連記事はこちら

関連記事

TOP