分からないから不平を言う

分からないから、助けても、残念がり、不平を言う

聖三位は私たちを愛して、働きかけ、助けて下さいます。

三位の行なうことを分からずに、自分の考えどおりに勝手に言ってはいけないし、

鈍く、時が過ぎてから感謝感嘆してはいけないし、

三位体が働きかけたのに分からずに「偶然だ。気候の変化だ」と、

とんちんかんなことを言って、三位の心情をもどかしくさせてはいけません。

どんなことでも、<三位一体>が行ない、<三位が遣わした救い人>を通して行なったら、

行なう時にすぐに分かって、一緒に行なわなければなりません。

(鄭明析牧師 2015年8月23日 主日の御言葉)

2015年9月 MiK

関連記事はこちら

関連記事

TOP