希望と感謝

希望と感謝の復活の年

<時>になれば、神様も聖霊様も御子も現われ、すべての状況も変わるので、

誰にでも「希望と感謝の世界」になります。

<春>が来るから、愛する人が来て愛する人に会うようになり、

鳥が歌うので楽しく、冬が去るので暖かくなっていいし、

万物がよみがえり、花が咲くから希望の歴史が起こります。

今、<立って光を放つ年>にならなければなりません。

<過去の患難の時>も「すべきこと」をしましたが、

これからでも<過ぎた日にできなかったこと>をして、

立って光を放たなければなりません。

(鄭明析牧師 2018年1月10日 水曜日の御言葉)

2018年1月 MiK

関連記事はこちら

関連記事

TOP