<霊>に属して<霊の考え>でしなさい

<霊>に属して<霊の考え>でしなさい

<肉>は「環境」に乗じ、「雰囲気」に乗じるから、「その時の状況」に属して行なうようになります。

しかし<霊>は強いから、<霊と魂>と共に「心と思いと命」を尽くして行なえば、環境も雰囲気も治め、そこから抜け出すようになります。

<自分の精神と考えを治めること>、<考えの綱を固く握って、聖霊に導かれて行なうこと>です。

(鄭明析牧師 2018年2月28日 水曜日の御言葉)

2018年3月 MiK

関連記事はこちら

関連記事

TOP