主の教育、主の教え

主の教育、主の教えの中に「易しく行く道」がある。

大きい岩を移すとき、<重機>がそばにあるのに使わないで、

<自分の力>をもって汗をたらたら流して移そうとしてもできません。

どうして自分が<重機>になってやろうとしますか?

自分は<重機を運転する運転手>になってやるのです。

このようにすることが「主の方法、主の教育」です。

(鄭明析牧師 2016年3月6日 主日の御言葉)

2016年3月 MiK

関連記事

TOP