初めの感謝と喜び愛を忘れずに行ないなさい

初めの感謝と喜び愛を忘れずに行ないなさい

<物>も<家>も<環境>も<人>も、初めて得たときは、時間が経つことも忘れて喜んで愛して生きていきます。

しかし、それが冷めた時は、甲斐も、喜びも、愛も感じなくなります。

そのうち普通に思って、「普通の値段」で売ってしまいます。

<初めの愛>も<初めの価値>も<初めの喜び>も忘れてはいけません。

忘れたら「成長が止まった生」になります。

(鄭明析牧師 2020年1月26日 主日の御言葉)

2020年2月 MiK

関連記事はこちら

関連記事

TOP