限界を超えて行なう法

限界を超えて行なうためには、「その世界、その主管圏にいる相手側」を着て行なわなければならない

<肉体>は「肉の限界」を超えられないから、<霊の世界>に行くことができません。

だから<肉>は天国や霊界に行って見ることができないので、

霊界に生きている<魂>や<霊>にやらせて、

「肉の考え」が「魂や霊」を着て行かなければなりません。

(鄭明析牧師 2015年7月12日 主日の御言葉)

2015年7月 MiK

関連記事はこちら

関連記事

TOP