御言葉イラスト制作の経緯

ハレルヤ☆
キリスト教福音宣教会のMiKです^^

 

今週は「聖三位に感謝と愛の栄光を帰しなさい」という御言葉を鄭明析牧師が伝えてくださいました。

今週は特に、私が礼拝に初めて参加した『記念日』があったので、いっそう感謝の栄光を帰したいと思って、久しぶりに御言葉のイラストを描くようになりました。

 

前々から御言葉のイラストを描きたいとは思っていたのですが、なかなか構想が来なくて、また色々と忙しくもあり、気付けば以前のイラストを描いてから半年も経っておりました^^;

なので特に、「今週は描きたい!」って思ったんですよね。

 

私が御言葉イラストの構想を受けるパターンは主に3つ↓

① 御言葉を聞いている時にイメージが浮かぶ(鄭明析先生の経緯をそのまま描いたり)

②「描こう」と決心して集中して願い求める

③「イラスト描きたい」と思いながら過ごしていて、祈ったり生活したりする中でイメージが浮かぶ

 

今回は②でした。

いつもは①や③で描くのですが、最近はなかなかイメージが浮かばず、

また私が別の作品に集中していて御言葉イラストにあまり意識を持っていけてなかったのもあり、

構想こないまま半年が過ぎ去りました^^;

 

主日の御言葉を聞いて祈った時に浮かんだイメージがあったのですが、
続けて今週の御言葉を聞いて深めていくうちに、はじめに浮かんだイメージは合わないような気がしたので、
はっきりとしたイメージがない状態でした。

 

御言葉を読み返し、祈って構想を願い求めるものの、全然浮かんでこず。。

時間ばかり過ぎていって、
「他にやることがたくさんあるし、諦めて他の作品に集中したほうがいいか?」
という考えも浮かびました。

 

しかし、そこで諦めたらそれまでの時間が完全に無駄になるんですよね。

これまでも、諦めずに最後まで願い求めていたら、何かしら構想が浮かんできたので、続けて祈り求めました。

そして2時間以上経って、脳にぱっと浮かんできたイメージがあり、それを描くようになりました。

 

やはり最後までやれば構想がくることを、あらためて実感。

諦めず最後までやる精神は、鄭明析先生から学んだもので、私の中で一番大切にしているものです。

 

 
こちらは下描きの段階(後ろの絵はラフ)の、今回のイラスト。

けっこう似たような構図や構想のイラストもこれまで描いていたので、ちょっと悩ましかったですが、この形になりました。

 

お気付きの方がいるか分かりませんが、今回のイラストから、サインを変えました!

前のはコノハズクのイメージとMiKの名前をかけて2015年にデザインしたものなのですが、最近、普通に「MiK」の文字のサイン書くことが多いので、そっちに統一しようかなと笑

 

霊も肉も生きていて、神様の前に進み出られることが、本当に感謝だなと感じています。

聖三位神様に、感謝と愛の栄光を帰します!!✨

 

2021年7月 MiK

 

★2021年7月30日 追記

千葉愛の教会教会ブログにイラストを掲載していただきました!感謝します✨

 

関連記事

TOP