「チキュリア」あとがき

キリスト教福音宣教会のMiKです^^

漫画「チキュリア」いかがでしたでしょうか。

(わたくし、「ハガ○ン」の大ファンだったゆえに(※今でも好きです)、作風とか絵とか、似てる部分がある気がしますが、本人も自覚してるので、「似てるね」って言わないでください←)

 

さて、「あとがき」というか、この漫画を描くようになった「経緯」を書きたいと思います。

 

こちらの作品、もともとは演劇なんですよね。
ストーリーがとても良くって、前から「漫画にしてみたいな〜」という感動がありました。


実は、ちょうど3年前の2017年末あたりに、原作者Woljeongさんに話して、漫画化しようとしました。


その時にネームはほぼ全部描いたんですよね笑
紙に描きなぐった感じで、後半部分はちゃんとコマ整理もされてなくて、シーンの流れだけ描いたものでしたが。

 

でもその時は「時じゃなかった」ようで、結局形にはならなかったんですよね。

 

後でも書きますが、それまでも私は漫画を描きたいと思って、でも「御心(=神様の計画、願い)じゃない」と感じることがとても多くて。

 

なのでこの時も、

「やっぱ御心じゃないんだろーなー」

と感じて、もう自分の中で封印しようと思って、そのネームは棚の奥にしまっておきました。

捨てようかとも思ったのですが、なんだか捨てる気にはなれず。

 

その後、全く見ることもせずに過ごしてたのですが、、

まさか形になる日が来るとは。。笑

 

漫画(特に少年漫画)は、私が御言葉聞く前にめちゃめちゃ研究して努力して極めてきた分野なのですが(漫画家目指してたので)、神様信じるようになってからは完全に描くのをやめていました。

まぁ、世の少年漫画、けっこう御言葉の思想に合わない表現とか内容とか多いですから。

ダメだろうなーって思ったわけです。
あと、私が好き過ぎて溺れそうだし←

 

しかし、神様のためにイラストやアニメなどなど色々作らせてもらって、とても感謝なんですけど、
どうしても少年漫画を描きたい気持ちがずっとありました。

 

が、なかなかそれは実現せず。
むしろ「御心じゃない」と感じることがとても多く、

 

「私には少年漫画を描く御心は、ないんだろうな」

 

って思ってました。

 

でも描きたい思いが消えないから辛くって、

 

それなら「描きたい」という思い自体なくなってしまええええ!!!

 

と思って祈ってましたが、しんどいだけで全然気持ちはなくならなかったですね。(遠い目)

 

転機が訪れたのは今年8月頭。

以前の記事にも書きましたが、自分が好きなタイプのキャラクターを描いて、そのメイキング動画作ったのがきっかけでした。

 

この時、「好きなもの描こう!」と思ったものの、描きたいキャラのイメージが全然浮かんでこず、数時間悩んだのですが(←悩み過ぎw)

ふと以前描いていた「チキュリア」ネームを思い出し、アスカルのデザインをイメージしながらキャラを描くようになりました。笑

 

それがこちら↓

 

アスカルとは全然別キャラですけども。

しかし、ここでネームのこと思い出したのが大きかった。

 

メイキング動画を作った週の御言葉

「1. あなたの主管圏で捜しなさい。
 2. いる所、ある所で捜しなさい。」

だったんですが、その週に伝えられた箴言の御言葉で、

 

・時になればちゃんと見えるようにし、聞こえるようにし、思い浮かぶようにしてくださる。

・以前だめだったからといって今日もだめだと言わずに、時になれば、以前見えなかったものも、目を開いて見えるようにしてくださることを悟りなさい。

・愛するから、その人が好きなものをくださる。

(2020年7月31日 明け方の御言葉)

 

とあり、

「え、これって、漫画のこと??」

と思ったりもして。

 

でも、それまでにずっとやりたくてもできなくて諦めて自分を納得させて、を繰り返していたので、

ほんまにやっていいんですか??

ということを確認したくて、かなり切実に祈りました。

 

お祈りしながらも、原作者Woljeongさんにはすぐに連絡して←笑
漫画化とネット公開を快諾していただきました。(本当にありがとうございます!!)

 

答えをもらったのが、8月9日の週でした。

この時の御言葉は「速く行ないなさい」

主日の御言葉を聞いた時はよく分からなかったのですが、その翌日にとある集まりがあり(※コロナなのでウェブ開催)、そこである牧師さんがおっしゃいました。

 

「自分の好きなこと、やりたいことを、はやくやってください」

 

え、まじですか?
やっていいですか。
それならやっちゃいますよ!!

 

ということで、

「漫画モード」に突入。

 

漫画を封印してから丸8年…

ずっとやりたかった気持ちをようやく解放できたため、
漫画を描き始めた時はかなりの

大爆発。笑

 

・楽しくて興奮しすぎて全然眠れない(毎日2時間睡眠くらいだった)

・寝ても覚めても漫画しか考えてない(←神様考えなさい)

・仕事に全然集中できない

・他の使命は完全放置

・生活リズム崩れる

 

…漫画に治められてましたね!!笑

 

さすがにやばいと思って、
これホントに大丈夫ですか??まずかったら止めてください!!
と祈ってました。
(経験上、まずいことは御言葉や万物啓示などで悟らせてくださる)

でも、止められることなく、無事に完成できてよかったです笑

 

8年間も抑えてたんだから爆発しても仕方ないですよねーー。
最初はアレでしたが笑、だんだんと落ち着いてきて、治められるようにもなってきました。

 

ところで今回、CLIP STUDIO(クリスタ)使って漫画描いたんですけど、これめちゃめちゃいいですね。

このソフト、今年Wacomの液タブを購入した時にセットで購入したものなのですが、実は私、はじめは液タブだけ購入する予定でした。

この時、古い液タブを誰かに譲ろうと思って、
「液タブが欲しい」と話していたあるメンバーに連絡したのですが、
そのメンバーがこのWacomセットを購入する予定だと教えてくれて。

結果、(そのメンバーよりも速く)即買いしたという経緯があります。笑

この経緯がなければ、クリスタなしで過ごしてたと思われます。恐ろしい。

 

クリスタも液タブも、なかったら、漫画描くの相当大変だったろうなと思います。

2017年に描こうとした時は、液タブさえ持ってなかった時期なので…
この時描いてたらどうなってたのだろう。。笑

 

なんというか、
この漫画を描く時に合わせて、

霊的にも肉的にも、
神様が備えさせてくださっていたように感じました。

  

それにしても、8/8くらいにネーム描き始めて、10/24に完成したので、かなりの爆速です。

デジタルの恩恵もあると思いますが、平日働きながら58ページ(表紙以外)を約2ヶ月半って、我ながらすごい。ようやったわほんまに。

仕事せずに漫画だけ描いてたら月刊連載はいけるレベルじゃないだろーか笑
アシスタントとかいないし一人で全部やってますからね…

 

それだけ、描きたかったし、描くの楽しかったし、嬉しくて、止まらなかったです。
ちょっと肉体はヤバかったですけども←

 

そして今回、以前描いてたネームをほぼそのまま丸っと使ったんですよね。

 

捨ててなくて良かった!!笑

 

当時は、もう二度とやることないだろうって思ったから、捨ててもいいような心境でしたが。

それでも捨てられなかったのも、聖霊様の感動だったのかも知れません。

 

「自分の主管圏で探しなさい。すでに与えたものがある」

 

とおっしゃったけど、本当に与えてくださってたんだなぁと感じました。

 

 

今回漫画を描いてみて感じたのは、好きなこと、やりたいこと、もっと自由にやっていいんだなってことです。

世の中でハマってたこととか、治められなさそうだし(まぁ実際ちょっと治められてなかったけど笑)、なんか神様の前でやるのは気が引けてしまう部分もありましたが、神様を中心にしてやれば別に問題ないんだなぁと。

 

御言葉でもこのようにおっしゃっています。

 

研究をしたら、どんどん浮かんできます。

神様が強調されました。

「あなたたちに私にあるものをすべてあげたけれども、それをもっとよくすることは予定されている。

もっと悪くすることは予定されていない。

だから、制約を感じないでどんどんやりなさい。

特別な罪でない以上はどんどんやりなさい」

とおっしゃいました。

(2020年5月3日 主日の御言葉)

 

世の中の文化も芸術も、結局神様がくださったものだし、治められないからと手を付けなければ、いつまでたっても神様のものとして取り戻せないし。

 

こういうのをどんどん「開拓」していくのって、本当に必要なことだなって思います。

 

…とか色々書きましたが、

とにかく、神様の中で思いっきり漫画描けるのが、もう、めっちゃくちゃ楽しくて幸せでした!!!笑笑笑

(ホントに御心だろうかーとかも考えたので、霊はもがきながらの制作でしたが、肉はめちゃハッピーでした笑)

 

ストーリーの構想受けてくださったWoljeongさんありがとうございます!!

神様、本当にありがとうございます!!!

 

またこういうの描きたいな〜!!笑

 

2020年10月 MiK

関連記事

TOP